原発論アンケートTen!!

〈雪月花への核ごみみそぎ〉列島運動

FAX 045-319-0920

原発どうする会本部

第9問【核融合・超伝導など】

TQ、しませんか?

(や) 今月のJOMONあかでみぃサイトは、そもそも、弊サイトを起ち上げる、きつかけとなつた、わたしどものTQ技術について、久しぶりに、全面更新です。(「店頭」画面)
〈TQ、しませんか?〉
有益さ主張 www.jomaca.join-us.jp/tq_fine.pdf
本文 (A4 10枚) www.jomaca.join-us.jp/tq.pdf
この間の貴重そのものの、諸経験を踏へ、次の3本の、全面更新です。「TQ技術ご案内」(2011年9月) 「TQ事業協会の根本方針」(2012年6月) 「TQ禅問答」(2008年3月)。
TQ技術に着目することは、地球大転換に備へ、転ばぬ先の杖(つゑ)でせう。実に、30年近くかけ、神秘でない、合理性を、追究してまゐりました。将来への、あらゆる不安について、事前の論理解決を、なしました。今に可能な、有益さを、ご提供してまゐります。利益を、有効活用し、現場感性を、尊重する。
今までの至らなさを、お詫びしつつ、TQ技術運動の〈理念・規律・具体活動〉を、ご提示いたしました。
本格出発、いたします。
一定の意識転換さへ、あれば、行き詰りの地球、でない。なしうることが、あまりにも豊かな、地球です。
〈TQ技術運動の理念〉
〈氣功の工業化〉たる、TQ技術を活用し、日本人民と、地球人民に、今に可能な、有益さをご提供してゆく。21世紀の、〈酵素活性場〉応用として、個人から地球までの、新産業を興す。(健康・住居・食物流通・農業・環境)
〈TQ技術運動の規律〉
全人民ご自身が、自然治癒力を全開してゆかれることを、優先し、個人から地球まで、今に可能な、環境空間の調整により、看護させていただく。TQ技術運動に参画する、運動仲間 (個人と団体) および顧客を、TQ事業協会と、総称させていただく。TQ技術運動の幹部が、TQ事業協会運営部を、組織する。TQ事業協会運営部長は、山田 学である。(次代に交替するまで。) 〈酵素活性場〉〈生命促進性〉にあたる感性を、常識としてゐたらしい、縄文人のやうな人を、今に探し、尊重する。TQ技術運動に対する、今の社会なりの抵抗へは、柔軟に対応させていただき、無理なく、無駄なく、縮小していただく。TQ技術運動にて生じた利益は、TQ技術運動の拡張のため、有効活用する。健康平和な、現実の認識を、追究する。〈TQ処理〉工程は、事業機密です。
〈TQ技術運動の具体活動〉
ひろい方がたからの、自主的なご提案を尊重しつつ、〈TQ進化ひろば〉として、なめらかにやりとりしつつ、TQ事業協会運営部から、具体活動を、認可させていただきます。顧客と顧客に近い運動仲間の感性を、尊重しつつ、具体活動の修正を、〈TQ展開〉管理会議が、決定します。〈TQ展開〉は、顧客から、社会中枢へ、次を、考慮することです。普及対象→普及方法→普及状態→製品開発→技能開発→技術開発→学問開拓→法律改善→情報戦。普及対象を、どうするか。普及方法を、どうするか。実際の普及状態は、どうか。どういふ製品を、開発していくか。(TQ象徴となる、中心の製品開発と、周辺の製品構成。) 〈TQ処理〉した製品を、各種現場にて使ふ。(〈TQ適用〉) それにあたり、人間において、どういふ技能を、開発するか。各分野の専門技術群、それらとも組合せ、どういふ技術開発を、していくか。次の学問を、どう開拓するか。TQ技術運動が、保護され推進されるやう、法律改善を、どう実現していくか。TQ技術運動に抵抗する、国際的な情報戦に、どう賢明に、応戦していくか。

TQ技術運動に、希望を感ずる方がたは、まづ、〈TQ、しませんか?〉を、どんどん、どんどん、ひろめていただけませんか。

UFOや宇宙人

(や) 今月のJOMONあかでみぃサイトは、ある人からの助言もあり、山田 学ならではの努力を、強調いたしました。〈健康平和研究〉画面にて、〈努力の実在~UFOや宇宙人を迎へる準備〉www.jomaca.join-us.jp/jomaca_mukaeru.pdf (A4 5枚) を公開いたしました。2007年から2010年までに執筆してゐる、数学・生理学・物理学の5つの論文の、今日的意味あひを、ご紹介してゐます。この文章から5つの論文の、「有益さ主張」と「本文」にリンクしてゐます。「本文」は、専門家向けであり、一般人には難解ですが、「有益さ主張」のみでも、ご覧になり、〈UFOや宇宙人を迎へる準備の努力〉が実在してゐることを、お認めいただければ、幸ひです。時代は、大きく、変化しようとしてゐます。

次の10年

(や) あの3.11から10年。JOMONあかでみぃサイト〈健康平和研究〉画面において、2014年8月15日に公開した、〈しみじみつぶやく~原発問題は、祖先追想道から〉のなかに、かう書きました。

(〈原発問題は、…〉5ペより) 電池と火力発電について、たとへば「マグネシウム燃料構想」(矢部 孝・山路達也『マグネシウム文明論~石油に代わる新エネルギー資源』PHP新書二〇一〇年参照) を冷静に評価しあひ、なるべく早く実現しあつていけるやう、支援いたしたい。
ダム利用発電や、 (石炭・石油・天然ガスの) 酸化反応利用発電や、核分裂利用発電について、その問題点を改善・改革・変革する努力を、継続しあつていけるやう、支援いたしたい。
核廃棄物 (福島第一原発一~四号機を含む) の根本的な処理技術の研究開発において、日本社会が、世界の先頭を走るやう、教養と教育を拡張しあふ。もののあはれ、雪月花、花鳥風月の日本民族の、本領を発揮しあふ。いはば〈雪月花への核ごみみそぎ〉列島運動を支援いたしたい。
このためにも、「トリウム熔融塩核エネルギー協働システム」(古川和男『原発安全革命』文春新書二〇一一年参照) を冷静に評価しあひ、なるべく早く実現しあつていけるやう、支援いたしたい。
常温核融合や、高温超伝導や、各種ナノテクや、JOMONあかでみぃの「TQ技術」など、これらの現実を冷静に評価しあひつつ、物理学や生理学を補足し修正するやう、教養と教育を拡張しあふ。この支援をいたしたい。

(や) 現状、JOMONあかでみぃにおいて、なにも進展してゐないことを、確認しつつ、〈次の10年〉を、踏みしめ始めます。

進化

(や) 今月のJOMONあかでみぃサイトは〈健康平和研究〉画面において〈ものづくり進化論〉(A4 5枚) を公開いたしました。日本社会あるいは日本社会以外において生理的物理学方面の根幹技術研究を担当してをられる諸賢に、ものづくりをひろく深く進化させる道について、ご提案申し上げます。〈諸生理を調整するための物性加工における根幹技術〉。かう考へられる、わたしどもの「TQ技術」についてです。
日本社会はアジア新興市場などの低価格労働力などに負けない技術優位性をどう開発していくか。かういふ情勢にあり、わたしどもの提案は本質的であると信じます。
福沢諭吉先生の『学問ノスゝメ』はその目的を達成しつつあり、これからは『学問の転換』の時代ではないでせうか。大日本帝国の陸軍独走とは正反対に、健康平和な現実認識において日本民族の自立と諸民族調和へおもてなしする日本社会の成熟が必須です。
雪月花といふ美意識の日本民族。その本領をどう発揮していくかにもかかはる「TQ技術」。常温核融合や、高温超伝導や、各種ナノテクなどとも隣接する技術であらう「TQ技術」。日本社会における〈ものづくり進化の安産へ〉、諸賢との共同研究を強く望むしだいにございます。