原発論アンケートTen!!

〈雪月花への核ごみみそぎ〉列島運動

FAX 045-319-0920

原発どうする会本部

第1問【健康平和】

〈再発見〉?

(や) わたしが20歳のころから学び続けてゐる、ヨガの沖 正弘師の著作のうちでも、この著のこの部分は、何度も読み返しました。『ビジネスマン幹部のための~菩薩道入門~ヨガ総合健康法(下)』(竹井出版1980年) の「人生に“憂い”を持とう」といふ、どういふこと?と想ひたくなる題名の章です。

(『菩薩道入門』64~67ペより)
私の好きな漢詩を紹介しましょう。
「生前百(ひゃく)に満たず、つねに千載(せんざい)の憂(うれ)いを懐(いだ)く」
つまり、人間の一生は永くても百年には容易に達しないが、その短い一生の間、いつも千年にわたる憂いを心に抱いて過ごす。人生は短く憂いのみが永い、という意味です。ここでいう憂いとは、悲しい事柄、心配ごとと思ってください。
中堅幹部の諸君は、自分の歩んだ人生をふり返ってみましょう。誰にとっても、人生は憂いの連続で、いつになっても、悟りの境地に達することはできません。生きるということは、平坦な道でないからです。
私は道場の人たちに、頂上のない坂道を巡礼のごとく、とぼとぼと歩き続けているのが、人間の真実な姿である、と説いています。明治の歌人、若山牧水は人間の生きざまを一首に託しています。
幾山河越え去り行かば淋しさの
涯なん国ぞ今日も旅行く
人生に終着駅はありません。一国の宰相、大企業のトップがいくら権勢を誇り、成功を謳歌しても、人生の憂いから解放されるものではありません。これから解放されることは、“死”を意味しているといってよいでしょう。
私は、この憂いのほんとうの意味は、自分の心を高める探究心であると思います。そして、この探究心こそが仏性を開発する、第一の修行法なのです。ここから、精神文化が出発するのです。牧水は、この境地をうたっているのです。人間性 (精神) の啓発に終着駅はありません。
これを認めない人は、うぬぼれの強い、心の貧しい人だ、と断定してよいでしょう。私たちは、人生の憂いと対決しながら、生き続ける宿命を背負っているのです。
私は、人生の憂いに打ち克つ方法として、自分で自分にノルマを課す生活を始めました。それまでの私は、自分につごうの悪いことや、性の合わない人とは、何とか避けて通ることばかり考えていました。
しかし、ふとしたことから、避けて通りたい問題や人間に対応していくことが、自分に課せられたノルマであり、求道の精神であるのを知り、大きな勇気を感じました。つまり、気にかかる問題や人間が存在することは、自分をいじめるためにあるのではなく、私の内にひそむ仏性を開発してくれるのだ、困らしているのではない、それは、私の仏性開発の試練としてあたえてくれるのだ、と思うようになったのです。
そうすると、いままでいやだと思っていたすべてが、逆にありがたい存在だと思え、敵に見えていた人までが、自分を啓発してくれるように思えてくるのです。そしてまた、自分の“我”をおさえ、すべてのものと和合し、良きものと解釈し、かつ良きものとして活用する。これが相手を生かす方法であり、相手を生かしたときに、私自身も生きることができ、私の価値が高ければ、相手の価値を高めることができる、と考えました。
このように、人生の憂いの根源は他との和合をきらい、他の存在を認めぬ独断にあるのではないか。“我”を克服し、他を自分の人生に活用する能力こそが、仏性のそもそもの開眼なのです。これを、私は無条件の心、打算のない心、空の境地、つまり信仰心と呼んでいます。
要約すれば、信仰心は全肯定の心をいうのです。何事もそのまま受け取る心です。物事は、成るようにしかならないのです。自然は、必要なものしか生じさせません。不必要なものしか滅亡させません。こうした自然の道理をわきまえず自分勝手に、もう少しこうなって欲しいとか、自分の願い通り物事が成って欲しいとか、成り行きを無視して邪念を抱くことから、人生の憂いや迷いが起こってくるのです。
「存在するものは、一切が合理的である」
唯物弁証法を唱えたエンゲルスが、こう喝破したことは興味深いものがあります。

(や) 沖 正弘師は、戦前の陸軍の特務機関の方でした。戦後、ひろく深い反省において、マハトマ・ガンジー師の平和思想を学び直しました。とは言へ、1980年当時の政財界などの幹部に向けて書いたと思はれる、この著作において、エンゲルスを肯定的に評価してゐることは、かなり意外です。
後年、わたしが沖 正弘師の講話を直接、聴いた際、「おれのことを共産党だと、噂する者がをる。何かに反対する人間は、すべて共産党なのか…?」といつた発言があつたかと、記憶してゐます。「噂する」人たちは、あるいは、この著のこの部分も、意識してゐたのでせうか。
今の政財界などの幹部において、沖師の師のひとりである、中村天風師については、かなり話題となつてゐるやうです。が、沖 正弘師については、むしろ知らない方がたも多くなつた。
沖 正弘師の思想が、すべてに目配りする、ひろすぎる、深すぎる、重すぎるものであつたからではないか。わたしは、さう判断してをります。
が、まうすぐの時代の巨大な困難こそが、この沖ヨガを〈再発見〉してゆくのではないか。さうとも、予想してをります。

 

発言を代理

(や) こんなところに、日本国民の自殺行為があつたのか! わたし自身、無知を恥ぢてをります。欧米が40年前に放棄した誤りを、日本国は、その誤りをこの40年間、むしろ強化してきてしまつてゐる… 出産・保育の方法について、です。西原克成先生の『病気知らずの子育て~改訂版 忘れられた育児の原点』(冨山房インターナショナル2017年) をぜひ、深くご検討ください。わたしは、この本に学び、 (むろん、まだ発言能力の無い) 日本国の胎児・乳児・幼児の発言を、代理いたします。

日本国の、産科医や、小児科医の、先生がた。
厚生労働省の、お役人の、方がた。
保育士の、先生がた。
まだ、出産や子育ての本能を、失つてはゐない。
さう、信じたい、
お母さまお父さまの、方がた。
みなみなさまは、あくまでも、善意にて、
結果として、
ぼくたちわたしたちを、ある意味、
〈虐待〉してゐることには、
なつてゐませんでせうか。
ぼくたちわたしたちは、結果として、
いのちの自然として、
みなみなさまに、
さまざまな、異常現象を、
お伝へしてをります。
それにつきまして、
ぼくたちわたしたちに、
責任といふことが、
ありますでせうか。
1945年8月15日から、74年。
終戦。
すなはち、人間社会から、戦争そのものを、無くしたい。
その想ひは、日本社会にて、強烈です。
でも、日本国は、実に今でも、
いはば、別の意味にて、敗戦しつづけてゐる。
のかな?
たはむれに、
〈赤ちゃん反撃党〉なる政党でも、
想ひ描いてみますか…
人間の解放。
さう言ふなら、まづ、
胎児と乳児と幼児の、解放。

〈修業〉

(や) 富国強兵や、殖産興業が、日本民族の最終目的ではありません。
日本列島においてこそ、諸民族調和や、資産階級循環や、野性復興への道を、創始する。
これが、日本民族の新たな誇りであり、希望です。いはば、諸民族調和への〈中央民族〉です。
先進国人は、〈さまざまな社会環境・自然環境に健康平和に対応する修業〉が、不足してゐる。ので、生体防御力が低下してゐるのです。さまざまな社会環境・自然環境に健康平和に対応する、〈生活=姿勢動作・呼吸・食事と排泄・人間関係 (とくに、異性関係)・精神・生活環境〉へ、自身の生活を、四六時中修正しつづける。さういふ、〈修業〉が、不足してゐる。かういふ〈修業〉を、事業としてあるいは企業として、どう普及しあふか。
が、先進国の病的社会環境・自然環境に健康平和に対応できず、病的戦争に適応してしまつてゐる (=病態化してゐる)、先進国人 (受精から死まで) も、多い。いはば、〈先進社会中毒〉です。
さまざまな流通業が発達しつつありますが、理想は、〈健康平和社会へ接近していく流通〉ではないでせうか。すなはち、ひとりひとりが深く病態化しない、〈養生の教養や栄養ないし休養手段・労働手段など〉が必要充分に流通する、健康平和社会。いはば、購入する「豊かさ」から、養生する〈豊かさ〉へ。与へられた社会環境・自然環境にて、からだとこころの健康や、こころと社会の平和を、養生する〈豊かさ〉へ。
健康平和な〈生活=姿勢動作・呼吸・食事と排泄・人間関係 (とくに、異性関係)・精神・生活環境〉として、体内ないし生活から異化すべきものごとを、ひろい意味の〈毒〉と呼ぶことにします。生活ないし体内へ同化すべきものごとを、ひろい意味の〈薬〉と呼ぶことにします。何が〈毒〉であり、何が〈薬〉であるかは、実は、ひとりひとりの個性別なのです。ひとりひとりの〈受精からの生活履歴個性〉により、〈毒〉か〈薬〉かが、きまるのです。また、個性別に、〈毒〉を解毒し〈薬〉に転化する、方法ないし生理もありませう。ですから、ひとりひとりが自立し協同しあふしかありません。
健康平和生活への道は、個人への個別対応と、ある民族への特殊対応と、人間社会への普遍対応とが、あるのです。
人間社会 (地球公会) の目的は、生産の改善・改革・変革です。すなはち、全人民おたがひの健康平和生活を、より高品質にてより低費用にて生産しあへる、生産の改善・改革・変革です。これを通してこそ、諸民族間闘争ないし諸国家間闘争を、未来において、解消していけます。ひとりひとりが自身の生理を信頼し、病的戦争社会を修正していきあふ。さういふことです。そしてその先にまた、未来において、〈地球公会としての宇宙人対応〉もあるでせう。

社原病

(や) トランプ大統領による諸外交や、国内の参院選など、何か大きな節目のやうでもあり、注視が必要です。さういふところへ、「川崎市20人殺傷事件」などが、人びとの耳目を奪ひました。「個別の特異事情」のみには帰せられぬ、深い問題もありませうか。
今は、チェーン・ストアやインターネット通販などがこれだけ発達しても、昔の素朴な日本社会に比べ、養生のための教養や栄養が、かへつて乱れてゐるのではないでせうか。人びとのからだとこころの健康や、こころと社会の平和を、素朴に養生することが、かへつて楽でなくなつてゐる。かういふ時、国家としてのGDP向上へ人びとの注意を向けようとしても、的はづれの感があります。たとへば、今回の川崎市事件の容疑者は、資産家の親族のやうです。
さまざまな商業者やマスメディアなどは、それなりに善意なのでせうが、結果として、いはば〈社原病〉と呼びたくなる情況が、生じてゐます。〈むしろ社会が原因となつてゐる、からだやこころの病気〉です。かういふなか、家族内や親族内のみに、健康や平和への責任を押しつけることは、無理が生じはじめてゐます。家族や親族を基本とする、日本民族のあり方にも、一定の見直しが必要となつてゐませう。
わたしどもが、以前から思ふに、家庭といふものを、必ずしも血縁関係のみにとらはれない、意図的な〈協会〉として、考へ直すべし。家庭とは、〈恋愛・出産・保育・教育といふ、特殊な労働と、生活の休養面のための、協会〉です。また、同好会とは、〈職場の分業労働を修正する、保健的な労働や、分業認識を修正する、保健的な認識のための、休養協会〉です。また、職場とは、〈人間社会人民おたがひの健康平和生活を目的とする、生産調和体へ向け、自由に創造していく。さういふ、生活の労働面のための協会〉です。
新しい時代を切り拓くといふことは、むろん、さまざまな困難がともなひます。しかし、さまざまな困難に人びとがそれぞれなりに対応することが、この時代に生きる人びとの意義であり、それぞれなりの小さな名誉、ではないでせうか。

(や) 哺乳類の歯と、爬虫類の歯は、異質である。が、今のひろい意味の生理学において、その異質性への注意が、薄い。結果、あらうことか、爬虫類の歯に適した技術が、われわれ哺乳類たる人間の歯に対し、行はれてしまつてゐる。のに、そのことへの警告が、今の社会において、意図的に弱められてゐる面もある。以下、一般の人には、文章と文章の意味が届きにくい、新しい医学の教科書のなかから、警告部分を、そのまま引用しておきます。

(西原克成『顔と口腔の医学~生命(いのち)と病気(やまい)の謎をミトコンドリアと生体力学(バイオメカニクス)で解く』医歯薬出版2009年・75~77ペより) 哺乳類の歯は, 形態学的にきわめて特殊な器官として, 前世紀 (19世紀…山田註) の中葉から解剖学者, 動物学者の注目を集め, 当代一流の学者が競って研究した. 哺乳類の歯は, 食性に対応して歯冠と歯根の形が決まるという特性がある. これは骨のもつ機能適応形態のWolffの法則と同様の経験的法則性ということができるが, 従来これは法則として扱われたことがなかった. 歯根も歯冠も力学対応して形を変えるシステムを骨と同様にもっていることを意味するが, この特性は骨性癒着の歯, すなわち爬虫類の歯にはない. 最適形状システムには歯周靱帯が必須なのである.
爬虫類の歯は一般に同形歯・多性歯で骨性癒着する. 歯と骨とはヤング率とポワソン比が異なるため, 反復荷重下や温熱刺激下で癒着部が破断し, 抜け落ちると, 待機していた歯がすぐに萌出する. 現代世界中の歯科と整形外科で行われているインプラントは, まさにこの爬虫類の歯のシステムである. 金属性のインプラントが折れにくいために, ヤング率とポワソン比の違いから, その周囲骨が力学刺激によって滝壺状に破壊される.
比較解剖学と古生物学の体系をうちたて, 比較解剖学の原理として従属の原理と相関の原理を発見したキュヴィエ (Cuvier) は, 歯は生命に最も本質的器官であり, したがって歯を見れば, その動物の内臓の形から, 頭蓋の形, 脊骨, 手足の爪に至るまで, 形が正確に推察できると述べている.
リンネ (Linne) は開業医を続けるかたわら動植物の分類を研究し, 二名法により分類学を完成させた. 混乱していた動物学において, 脊椎動物を独立させ, そのなかで哺乳類を分離, 独立させた. この分類の基準が歯であった.「骨化の程度は異なるが骨性の脊柱をもつ脊索動物」が脊椎動物の定義であるから, 骨か軟骨が, この宗族を定義する器官ということである.
また,「長ずると咀嚼を行う器官に変容する哺乳のシステムをもつ脊椎動物」が哺乳類であるから, 咀嚼を行う歯, すなわち異型性の釘植歯と単一の顎関節をもつ顎が哺乳類の定義器官である. 吸啜とそれに続く物を砕いて食べる咀嚼という食べ方が, なんとこの宗族を規定する唯一の行動様式なのである. 有胎盤のサメや恒温性の大型恐竜の存在を思い起こせば, 哺乳類の特徴的仕組みは長ずると咀嚼に変容する吸啜のシステムしかないことがわかる. 母乳を吸啜しないかぎり子は育たず, 長ずると物を砕いて食べないかぎり, エネルギー代謝の革命的向上は起こりえないのである.

(や) ありふれた経済のひとつひとつについて、それがほんたうに、自分や自分たちの健康平和生活のためになるのか。それを検討していくことが、現代の養生には、欠かせません。養生を目的とし、経済を再編すべし。それがこれからの、健康平和な革命です。

〈目的〉修正

(や) 世界の諸外交が停滞してゐるやうです。これは、新しい歴史段階への準備状態なのでせうか。
とにもかくにも、新しい歴史段階へ、人間社会は〈目的〉を修正すべし。
〈諸民族闘争目的〉ないし〈資産増殖目的〉ではなく、〈おたがひの健康平和生活目的〉へ。

諸民族調和への道

(や) 米国中間選挙は、下院において民主党 (ないしサンダース系左翼派) による一定の巻き返しがありました。19世紀マルクス、エンゲルス以降の左翼理論にも、今の各民族右翼理論にも、欠けてゐるもの。それは、諸民族はどうすれば、無理なく、無駄なく、調和していけるか、といふ理論です。今回のトランプ氏にも、オバマ氏にも、サンダース氏にも、それが欠けてをり、欠けてゐる者どうしで、議席をとりあふことには、一定の意義がありますが、それだけのことでしかありません。
さしあたり経済的に安い労働力を求めるなどのため、早急に移民を受け入れることには、さまざまな無理がある。今の各民族右翼派のさういふ主張には、一定の根拠があるからこそ、一定の票も得るのでせう。さういふ各民族右翼派も、まだ、諸民族調和への道について、理論を確立してゐるわけでありません。それが、人間社会発達の、現段階です。
さて、日本民族として、皇室の伝統と創造も考慮しつつ、諸民族調和への道を、どう構築していくか。たとへば、小学館SAPIO誌2018年11・12月号の15~17ペに、「大阪『外国人留学生300人超退学事件』の闇~出稼ぎ目的の『偽装留学生』が急増し移民化している」といふ、出井康博氏の記事があります。実は、わたし個人の身のまはりにも、この記事に指摘された事例があり、大いに参考となりました。わが日本列島においても、事態は予想以上に早く、進展してゐます。
わたしは大学生のころから、諸民族調和への道については、ヨガの沖 正弘師や、民族地理学の川喜田二郎先生に、学び続けてゐます。諸民族調和への道、といふことは、とても簡単なことではないと、考へます。が、まったく不可能でもないと、考へます。一方で、わたしは高校生のころから、 (いちおう、左翼理論に属する) 三浦つとむ先生の論理学・認識学・言語学も学び続けてゐるからです。

論外

(や) オウム真理教幹部7人が処刑されました。日本国の司法により処刑された。それ以上でもそれ以下でもありません。オウム真理教事件は過去のことですが、とても哀しいことは、健康平和のためにあるヨガの印象が、深く傷つけられたことです。
ヨガはあ~お~ん~といふ発声を健康平和の基礎としてゐます。あうんの呼吸、南無、アーメンなども、ここから派生したと言はれてゐます。
処刑を機に、ヨガ本来のひろく深い健康平和性を再興したいものです。日本国の法律を犯すなんぞ論外。

快挙

(や) 平昌冬季五輪は、女子スピードスケート陣の躍進など、さまざまな話題がありました。が、何と言つても、男子フィギュアスケートの歴史的快挙。羽生結弦選手を追ひあげる宇野晶磨選手や、ネーサン・チェン選手など。そんななか、羽生選手は前回五輪にて、東日本大震災からの“精神復興”として、金。技能向上に無理があつたのか、選手生命さへ危ぶまれたけがをした、今大会前。それでも可能なことを着実に積み上げた“精神復興”により、連覇の金。男子フィギュアでは66年ぶりの連覇。おまけに、この羽生の金が、冬季五輪通算1000個めの金だといふ。スポーツ医療など日本チームの勝利でもあつたか。
フリーの曲のテーマが陰陽師(おんみゃうじ)・安倍晴明(あべのせいめい)。五角形や螺旋(らせん)といふ動的図形に注目した人物。東洋文化からフィギュアスケートを認識する勝利でもあつたか。フィニッシュの日本の笛の音(ね)が、わたしのこころに響いた。
羽生選手、宇野選手、ありがたう。おめでたう。

都市の未来

(や) 健康平和方向にて都市の未来を想定する。とくに日本のある都市ある地区の未来を想定する。わたし自身、意表をつかれるかたちにて、かういふことに真剣に取組みたくなるきつかけがございました。
結論から申します。
成熟社会の都市機能の中心は、〈民衆が自立し、安あがりで品のある生活を創りあふ会場〉、ではないでせうか。さういふ、民衆教養のための会場であり、市場ではないでせうか。いはば、栄養経済から、教養経済への、移行ではないでせうか。今の流通やITや行政などの延長に、それを展望すべし。
都市は、地球表面の各時代や各域なりに、真と善と信と美と健を追求しあふ、中心地でせう。その機能は、ある程度、インターネット上のサイトにおいても、可能となつていきます。
少子高齢化対策の本質は、恋愛・出産・保育・教育・保健・看護・医療の最高品質最低費用を追求する、さういふ事業ないし産業における改善努力ではないでせうか。
恋愛ないし男女関係に関しては、縄文時代からの日本列島におけるとくに民衆の男女関係は時代により地方によりそれなりに変化してきたのでせう。しかしとくに明治維新以降と敗戦以降において、前代 (江戸以前) 民衆的男女観と、儒教的男女観やキリスト教的男女観との、区別と連関が、充分に思索し情念されてゐない。まだこころの整理がついてゐないでせう。ならば、こころの整理そのものを事業化できないでせうか。
そしてまた、会議・競技・観光・移民受入れなどを通した諸民族調和への研究も、進取に取組むべき事業ないし産業でありませう。
人間社会史における呪術・宗教・哲学・政治と健康平和な現実認識の伝統と創造において、個人個人のわが人生はわが生活は満足ゆくものであるか。さういふ意味の人生の質ないし生活の質を問うたとき、かういふ問題を社会全体においてひとまづ懸案にしたままのとくに敗戦後日本人のこころには、一定の荒地が残つてゐるのかもしれません。
地球表面において市場拡張可能性 (いはゆるフロンティア) が無くなりつつあります。かつて鎖国により市場拡張可能性を人為的に断ちきつた、わが江戸時代の日本列島内における創意工夫のあれこれに、これからの人間社会全体が学ぶべきものもありませう。