原発論アンケートTen!!

〈雪月花への核ごみみそぎ〉列島運動

FAX 045-319-0920

原発どうする会本部

〈修業〉

〈修業〉

(や) 富国強兵や、殖産興業が、日本民族の最終目的ではありません。
日本列島においてこそ、諸民族調和や、資産階級循環や、野性復興への道を、創始する。
これが、日本民族の新たな誇りであり、希望です。いはば、諸民族調和への〈中央民族〉です。
先進国人は、〈さまざまな社会環境・自然環境に健康平和に対応する修業〉が、不足してゐる。ので、生体防御力が低下してゐるのです。さまざまな社会環境・自然環境に健康平和に対応する、〈生活=姿勢動作・呼吸・食事と排泄・人間関係 (とくに、異性関係)・精神・生活環境〉へ、自身の生活を、四六時中修正しつづける。さういふ、〈修業〉が、不足してゐる。かういふ〈修業〉を、事業としてあるいは企業として、どう普及しあふか。
が、先進国の病的社会環境・自然環境に健康平和に対応できず、病的戦争に適応してしまつてゐる (=病態化してゐる)、先進国人 (受精から死まで) も、多い。いはば、〈先進社会中毒〉です。
さまざまな流通業が発達しつつありますが、理想は、〈健康平和社会へ接近していく流通〉ではないでせうか。すなはち、ひとりひとりが深く病態化しない、〈養生の教養や栄養ないし休養手段・労働手段など〉が必要充分に流通する、健康平和社会。いはば、購入する「豊かさ」から、養生する〈豊かさ〉へ。与へられた社会環境・自然環境にて、からだとこころの健康や、こころと社会の平和を、養生する〈豊かさ〉へ。
健康平和な〈生活=姿勢動作・呼吸・食事と排泄・人間関係 (とくに、異性関係)・精神・生活環境〉として、体内ないし生活から異化すべきものごとを、ひろい意味の〈毒〉と呼ぶことにします。生活ないし体内へ同化すべきものごとを、ひろい意味の〈薬〉と呼ぶことにします。何が〈毒〉であり、何が〈薬〉であるかは、実は、ひとりひとりの個性別なのです。ひとりひとりの〈受精からの生活履歴個性〉により、〈毒〉か〈薬〉かが、きまるのです。また、個性別に、〈毒〉を解毒し〈薬〉に転化する、方法ないし生理もありませう。ですから、ひとりひとりが自立し協同しあふしかありません。
健康平和生活への道は、個人への個別対応と、ある民族への特殊対応と、人間社会への普遍対応とが、あるのです。
人間社会 (地球公会) の目的は、生産の改善・改革・変革です。すなはち、全人民おたがひの健康平和生活を、より高品質にてより低費用にて生産しあへる、生産の改善・改革・変革です。これを通してこそ、諸民族間闘争ないし諸国家間闘争を、未来において、解消していけます。ひとりひとりが自身の生理を信頼し、病的戦争社会を修正していきあふ。さういふことです。そしてその先にまた、未来において、〈地球公会としての宇宙人対応〉もあるでせう。

« »